書名 神楽の中世
宗教芸能の地平へ
編者 山本ひろ子
松尾恒一
福田 晃
本体価格 6800円
ISBN978-4-8382- 3386-1
発行年月 2021年6月25日
判形・製本 A5判・上製・392ページ
在庫情報

ダイナミズムと生命力、躍動する神楽の場へ。神楽の迷宮「宗教芸能」としての筋道をつらぬく豊潤な世界へと導く「神楽詞華集」という挑戦。

◆提題に代えて◆
よみがえる中世の神事たち─備中吉備津宮の祭礼(山本ひろ子)
◆神楽の成立とその歴史◆
佐陀神能をめぐる宗教者と祭祀─神能成立の過程を中心に(岡 宏三)
神子と修験─黒森神楽をめぐって(神田より子)
◆神楽の庭へ◆
法者神楽の法脈─甲賀・油日神社、対馬・八幡宮、豊後・柞原八幡宮(福田 晃)
天龍川水系の神楽─オコナイと霜月神楽から(櫻井弘人)
◆神楽の担い手たち─法者と呪師◆
両部神道と神楽─「法者」の伝承を辿る(福田 晃)
呪師の芸能と神楽─備前一宮祭礼を中心に(宮嶋隆輔)
◆宗教芸能としての神楽◆
「鐘巻」のドラマツルギー─能と早池峰神楽をめぐって(山本ひろ子)
仮面の呪術・祭祀・芸能としての神楽へ(松尾恒一)
◆研究展望◆
神楽研究の再構築へ向けて(鈴木正崇)
◆神楽詩華集 小さなキーワード集の試み◆
一 霜月神楽からおくないへ
二 西国の神楽から
三 舞殿と装置
四 儀礼と呪法
五 土地の精霊と異神たち
おわりに(山本ひろ子・松尾恒一)
あとがき(福田 晃)



検索ページへ

五十音書名一覧へ

(C)Copyright 2002 MIYAISHOTEN CO.,LTD. All rights reserved.